いちごの水耕栽培テスト

いちごが生りました。

四季なりいちごの水耕栽培を始めて早4ヶ月、うどん粉病・ハダニ・炭疽病など様々な病気が発生するのを確認、やはりいちごは最高難易度なのを改めて実感、いくつか実もなり試食。土耕栽培のプロ農家と比べると若干甘さが足りない気がします。

ランナー(子弦)も元気に発生して、子株、孫株、ひ孫株・・・と順調に増えています。根付いてきたので、そろそろランナーをカットして孫株、ひ孫株を育てる時期になりました。

解良 について

昭和55年5月26日生まれ(神奈川県川崎市) 帯広畜産大学 畜産環境科学課卒。 学生時代 北海道帯広市にて農業・乳牛の飼育を経験。 卒業後、北海道の肥料・飼料の総合商社に就職。 その後、環境問題に興味を持ち、ウム・ヴェルト株式会社に転職。 現在、ウム・ヴェルトグループとして農業生産法人「アグリファーム株式会社」を立上げ、代表取締役に就任。