そばの収穫 トキタ種苗様オープンデー

8月末に蒔いた そばが早くも11月6日に収穫になりました

今回は初めての栽培で、超大型台風15号.19号の被害もありましましたが、

どうにか初収穫を迎えました。

近隣農家さんの協力もあり

収穫→乾燥→唐箕(風力選別)→石抜き を行い。

写真の『玄そば』の状態になりました。

今後、協力先の『めん小町』さんで製麺後、12月過ぎには『道の駅かぞわたらせ』で

食べられるようになります。

 

●11月14日(木) トキタ種苗様 オープンデーに行ってきました。

同じ加須市内にある種苗メーカーの『トキタ種苗』様のオープンデー

毎年 この時期にあり、二日間で約3,000人も訪れ、セミナーなども大人気です。

トマト、ねぎ、イタリアン野菜を中心に様々な種類の品種が見れるので、

特に農家さんにお勧めのイベントです。

※ アグリファーム㈱では、森の奏で(ねぎ)を良く栽培しています。

解良 について

昭和55年5月26日生まれ(神奈川県川崎市) 帯広畜産大学 畜産環境科学課卒。 学生時代 北海道帯広市にて搾乳作業や農作業を経験。 卒業後、北海道の肥料・飼料の総合商社に就職。 その後、環境問題に興味を持ち、ウム・ヴェルト株式会社に転職。 現在、ウム・ヴェルトグループとして農業法人「アグリファーム株式会社」を 立上げ、代表取締役に就任。