災害のボランティア参加

本日、9:00-15:00まで栃木県小山市内の

災害ボランティア(社会福祉協議会)に参加してきました。

初めて、災害ボランティアに参加させて頂いたのですが、

ベテランと初心者が5人一組になり、そのうち一人が

リーダーとなる仕組みでした。

協議会の案内により集会所に集まり、要望のあった家に

要望書に沿った内容で、手助けをする流れで段取りが良かったです。

私達の担当箇所は、床上浸水のあった地域の個人宅で

74歳のおばあちゃんからでした。

①畳の引きはがし

②水に濡れてしまった家具のゴミ置き場への運び出し

③家屋の清掃    の三つの要望がありました。

IMG_2721

↑ 社会福祉協議会への報告・連絡・要望

IMG_2710

↑ 近隣の道路はどこも集積待ちのゴミで山盛り

IMG_2722

↑ 溢れた水の位置 腰くらいまであったのかとIMG_2719

↑ 今回のチームメンバーです。(アグリの農具が何かと役立ちました)

会津や横浜から来られた方もいました。 みなさん、お疲れ様でした。

無事依頼の作業も終わり、作業中・作業後に依頼者のおばあちゃんから、

何度何度も感謝の言葉を頂き、『参加して良かった』と思いました。

 

 

 

 

 

解良 について

昭和55年5月26日生まれ(神奈川県川崎市) 帯広畜産大学 畜産環境科学課卒。 学生時代 北海道帯広市にて搾乳作業や農作業を経験。 卒業後、北海道の肥料・飼料の総合商社に就職。 その後、環境問題に興味を持ち、ウム・ヴェルト株式会社に転職。 現在、ウム・ヴェルトグループとして農業法人「アグリファーム株式会社」を 立上げ、代表取締役に就任。