冬キャベツの植付、新米の販売

現在ネギ、キャベツ、白菜、自然薯、モロヘイヤ、サツマイモを栽培しておりますが、

今は、冬キャベツの植付時期になりました。

この辺りはお盆明けに植えるのが良いと聞きますが

今年は7月下旬・8月下旬・9月下旬の3回に分けて植えます。

※ 長期出荷、労力の分散化、栽培時期の確認などを考慮。IMG_2682

(8月下旬に植えたキャベツ)

自然薯の成長は順調ですが、平面なので風雨に弱く、倒れてしまうのがネックです。

IMG_2569

(ポールが折れた自然薯)

             ↓

IMG_2571

(鉄筋を入れて修正)

 

夏の枝豆はお盆をターゲットに栽培。直売所で、すぐに完売しました。

IMG_2576

 

ここ北川辺では、お盆明けからコシヒカリの収穫が始まります。

今年は、近隣農家さんから購入したお米を社内の人へ販売しております。

元々が米どころなので美味しい新米をいち早く安く提供できるので

近所の方や社員の人にも喜んで頂いております。

 

IMG_2629 IMG_2633 IMG_2666 IMG_2677

※ 大型コンバインにも乗せてもらいましたが、刈取りの速さにビックリ!!

 

解良 について

昭和55年5月26日生まれ(神奈川県川崎市) 帯広畜産大学 畜産環境科学課卒。 学生時代 北海道帯広市にて搾乳作業や農作業を経験。 卒業後、北海道の肥料・飼料の総合商社に就職。 その後、環境問題に興味を持ち、ウム・ヴェルト株式会社に転職。 現在、ウム・ヴェルトグループとして農業法人「アグリファーム株式会社」を 立上げ、代表取締役に就任。