アグリファーム 胎内養豚場がオープン

養豚事業では、2020年6月1日より新潟県胎内市にて

新たに胎内養豚場をオープンしました。

取引先の企業より既存の養豚場を譲り受け、食品ロスを使用した

ウム・ヴェルトグループの2番目の養豚場として稼働します。

最大飼養頭数は1,200頭となり、既存の明和養豚場と合わせて1,800頭の飼育が目標になります。

解良 について

昭和55年5月26日生まれ(神奈川県川崎市) 帯広畜産大学 畜産環境科学課卒。 学生時代 北海道帯広市にて農業・乳牛の飼育を経験。 卒業後、北海道の肥料・飼料の総合商社に就職。 その後、環境問題に興味を持ち、ウム・ヴェルト株式会社に転職。 現在、ウム・ヴェルトグループとして農業生産法人「アグリファーム株式会社」を立上げ、代表取締役に就任。