第6回 じゃがいも堀りの実施

今年はコロナの影響もあり、じゃがいも掘りを開催するか直前まで悩みましたが

3密を避けた状態でソーシャルディスタンスを保ちながら実施しました。

今回は、いつもの70人が一斉に掘るスタンスではなく

1つの時間枠(30分間)に 3組(家族)限定で実施 合計12組が行いました。

 

前日の夜まで雨が降り、当日も午後から雨が降り出す中 子供たちは元気いっぱいに久しぶりの屋外を楽しめたかと思います。

街中から来た子供は、畑の中のカエルやバッタを見つけては、大はしゃぎしていました。

このじゃがいもは、「加須市学校給食センター」や「道の駅かぞわたらせ」にも出荷する予定です。

解良 について

昭和55年5月26日生まれ(神奈川県川崎市) 帯広畜産大学 畜産環境科学課卒。 学生時代 北海道帯広市にて農業・乳牛の飼育を経験。 卒業後、北海道の肥料・飼料の総合商社に就職。 その後、環境問題に興味を持ち、ウム・ヴェルト株式会社に転職。 現在、ウム・ヴェルトグループとして農業生産法人「アグリファーム株式会社」を立上げ、代表取締役に就任。