しいたけ その後

土日を挟んで9日目 既にしいたけの傘は開ききっていました。

この状態でも味は普通のしいたけでしたが、売り物にはならないので

現状では、量産するのが難しいと判断しました。

(小松菜の方が順調なので、そちらを再度栽培します。)

左:1/13(傘が開く前)         右:1/16(傘が開いた後)

収穫後の菌床は、2~3週間休眠後、再度 半日間浸水して栽培します。

解良 について

昭和55年5月26日生まれ(神奈川県川崎市) 帯広畜産大学 畜産環境科学課卒。 学生時代 北海道帯広市にて搾乳作業や農作業を経験。 卒業後、北海道の肥料・飼料の総合商社に就職。 その後、環境問題に興味を持ち、ウム・ヴェルト株式会社に転職。 現在、ウム・ヴェルトグループとして農業法人「アグリファーム株式会社」を 立上げ、代表取締役に就任。